受付中

2017/06/25まで受付中

第1回 性の多様性を学ぶセミナー
開催日時
2017/07/01 10:25~15:15
セミナー詳細
第1回 性の多様性を学ぶセミナー
~LGBTの若者の理解と教育現場での支援のあり方~

 LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー)の推定人口は5%※1程度と報告されています。また、ゲイ・バイセクシュアル男性の自殺未遂リスクは異性愛男性の約6倍高いという調査結果※2や、トランスジェンダーの自殺リスクも同様に高率であることが報告されています。いまやLGBTへの支援は、子どもたちの命と人権を守る上での重要な課題といえるのではないでしょうか。
 本セミナーでは、大規模な調査をもとに、思春期・青年期のLGBTの実態と、支援のあり方を学んでいただきます。また、関連する問題として、HIV感染等の健康リスクと、その予防行動についても解説いたします。
※1 2016年博報堂調べほか ※2 宝塚大学看護学部 日高庸晴教授ほか調べ
開催日数 1日
対象資格 医師、保健師、助産師、看護師、養護教諭、看護教員、教職員、行政機関で思春期相談・自殺対策・人権擁護に携わる方
定員 100名
会場 平和と労働センター・全労連会館 2階ホール
会場住所 〒113-0034
東京都文京区湯島2-4-4
講師 日高 庸晴(宝塚大学看護学部教授 /厚生労働省エイズ動向委員会委員/日本思春期学会理事)
お問い合わせ先 一般社団法人 日本家族計画協会 研修担当(℡03-3269-4785)
参加費 受講費:¥10,800